貼り付け帳
ニコ動のブックマ代わり
--/--/--(--)   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
edit
2009/07/26(Sun)   モーショントレス教材とか

腕のウェーブにはたまげた


なめらかWiggle Walk


これはトレスしたくなるw


直に踊る練習用


三人共個性がせめぎあってて凄いです。


トウェルという振りの解説です。ロッキン
不思議な動きだけどインパクトあるなあ。
スポンサーサイト
edit
2009/07/20(Mon)   ゆっくり

低ビットレートに収まったのでなんとなくニコ動に。
edit
2009/06/05(Fri)   うおお…
こういう事がやりたいけど、先にやられてしかも技術的に凄かったりすると凹みますね…。
やりたい事をもっと楽に出来ないかとか、そういう事に気を取られている時点でモチベーションがクリエイティブとはまた別の方向に向いてしまっているのがまずいかもな。
難しいとか言って投げ出すのは多分言い訳。
自分は、ヘタレな作品しか出来なくてがっかりするのが嫌なんだろう。
とやや客観的になってみたり。
方向性はちょこっと見えてきたので、構成練って一本仕上げる事に向かおう。
麻雀シーンをトレースするとしたら、咲やアカギもいいけど、むこうぶち的な演出をやりたいかなと。
牌を指で引きずったり、鳴きの時の倒し方とかああいうの。

モーションやエフェクトの凄さもあるけど、やっぱり地味に麻雀牌アクセを並べた根気を一番評価したい。
edit
2009/06/01(Mon)   ソワカちゃんDVD化
まさかのDVD化
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0027ZXZIU/nicovideojp-22/ref=nosim
ソワカちゃん本編の最新作はとりあえずこれか


edit
2009/05/15(Fri)   俺はもっとストレートに行くよ
出だしでリアルに噴いたwwwwwwww
甘い声がいいなあ
アカギが歌ったらこんな感じかも…ってそういやハギーは歌もいけるんだっけ


久々に見入ったMADでした。
ネタ要素を排除したガチMADは最近あんまり見られないから、嬉しいです。
edit
2009/05/11(Mon)   MMDを使った動画について
はじめはミクモデル一体だったMMDが、今はジャンルの壁を越えて色んなキャラクターのモデルが職人によって作成され、気軽にDLして動かす事が可能になっています。
それと先人達の動画作成の技術などが公開され、敷居が低くなったといえば実はそうでもないのが現状。
技術云々の前にどんな事がやりたいのかというアイディアが無いと、先に進めないんですよ。
自分は他の方が作ったモーションやモデルを使って、テスト的な動画をちょこちょこ作っているけど、やっぱり「こういう事がやりたい」という前提がまだ薄いので足踏みしている状態。
紙芝居選手権とか技術はいらないけど、その代わりアイディア勝負なので敷居自体は結構高いんじゃないかと思う。
モーショントレースとか挑戦してはみるものの、3D的な感覚が掴めないし人体のリアルな可動具合がよくわからなかったりで「正面から見たらそれっぽいけど、右視点にしたらあきらかにおかしくね?」という事になってしまう。
アニメ動画のトレースなんか、デフォルメ表現なのか現実的に正しい可動なのかとか疑いだしたらキリがない。
自然なモーションを作るには、まず自分でその動作をして、その様子を色んな角度でデジカメとかで録画して、それを見ながらやるしかないんじゃないか…。
自分を撮るというのも寒い話だけど、見本サンプルとしては確実かな。
多少ヘロヘロでもMMDの補間を駆使すれば何とかなる?

まあそんな事よりもまずアイディア、モチベーションが第一な訳で、そういう要素を強く感じた動画を紹介。

起承転結くっきりの小芝居のお手本的動画
ダッシュのモーションが無駄になめらかで噴く。


ニコ動の強制ループ機能を利用したギャルゲ的小芝居
セリフは下に字幕窓に表示よりも、吹き出しの方が視覚的効果が高いんですよ。
edit
2009/05/02(Sat)   MMDの影生成仕様

実際に試してみてすごいいいアイディアだと思ったけど、アクセサリのライト当ててもその際発生するはずの影が生成されないというのはMMDの仕様みたい?
例えば頭上からライトを別々の位置で三つ配置して人物に当てたら、現実では三つ分の影が出来るはず。
三つ分といっても最も光が強く当たって影が打ち消された部分と、一番暗い部分と、影が落ちた部分に光が反射して若干暗い影が地面に見えるのが正しいんだが、MMDの照明(とそれによって生成される影)は実質的には一つだという事がわかりました。
もう照明の数値を極力広い範囲の影を生成しない様に設定して、影自体の色を-2にして辻褄合わせするしかないのか…。

でも
センターIKと同じ動きをさせたいのでセンターIKのモーションだけ保存

コンバーター、エクセルを使ってxz移動のみのデータを生成

普通のダミーにライト付けてモーション読み込んでも、センターIKのボーンが無いのでモーション登録は出来ない

ライト、地表に落ちる光部分を再現するための専用ダミーを使用

この発想は地味にすごい。
センターIKの情報を使うから追従ダミー付きモデルでは再現できないという事だ。
edit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。